実は私〇〇なんです|トンカチ食堂 02

2017.04.25 /

トンカチ食堂とは?
仕事で悩んだり、壁にぶつかったり…。そんな時に気づきのきっかけをくれるのは、隣人の知恵です。偶然トンカチ食堂で同席した人のアイディアがきっかけで、悩みが解決。自分が知らなかった世界を知ることがで、自分の成長につながります。第4木曜の夜だけ営業をしているトンカチ食堂。明日から役立つ知恵を共有できる場所をご用意して、みなさまのお越しをお待ちしております。

 

archive_トンカチ食堂02

普段、何気なくしている自己紹介。「〇〇といえば、私!」と相手の記憶に残る挨拶をしているだろうか?会社名・名前・職業にもうワンエッセンス付け加えられれば、ぐんっと印象に残るだろう。今夜のトンカチ食堂では、偶然居合わせた7人の常連客と一緒に、印象に残るコツについて語り合った。そこで、大将に「自分の持ち味とそれにまつわるエピソード(具体例)を伝えることがコツだ」と言われ、それぞれ考えてみることに。

 

003

よく就職活動の時も、「自己分析をして、面接官に強みや長所を伝えよう!」と参考書に書いているが、いざ自問自答しても本当にそれが持ち味なのか、わからないもの。そんなときは、エピソードについて、深堀りをし、情報を広げる集めること。そこから、新たな持ち味に気づいたり、相手に伝わる言葉に変えてみたりすることで、印象に残る挨拶へと変わる。ぜひ、上記のような視点で考えてみてほしい。

ちなみに今回のトンカチ食堂では、右寺扮する大将と実際に読み合わせを行い、他の参加者からアドバイスや感想をシェアした。やはり、自分でわからないことは、他の方に聞いてみる。よりよいものに近付けるために、壊して組み直す。自己紹介にとどまらず、何か相手に伝えるときにも実践していただきたい。

 

writing Emiko Ohtsuka

OTHER ARCHIVE