ただかっこいいだけじゃない。2つの役割を果たす空間デザインをオフィスに。

2017.01.31 /

トンカチ 監視センター オフィスデザイン
トンカチという道具を手に取ってもらう
株式会社スマートエナジー様では、24時間体制で全国各地にある太陽光パネルの管理・監視を行っている。移転のきっかけは新しく監視センターを立ち上げること、社員の増加に伴いデスクスペースを確保することだった。そこで、株式会社リーシングサポート様からのご紹介で、意匠デザインのご相談を弊社にいただいた。
トンカチ 監視センター オフィスデザイン
1つの空間で複数の役割を担う
詳しくお話しを伺うと、理想とするオフィスが見えてきた。以前のオフィスでも大きな監視モニターを使用しており、お客様にどのように監視管理を行っているのか見せたかった、と株式会社スマートエナジー 山村様は語る。しかし、社員のデスクとモニターが一緒のため、お客様にゆっくりと説明をしながら商談することができなかったそうだ。そこで、お客様に「監視センター」として見ていただき、会社を知っていただくこと、そして社員が気持ち良く仕事ができる空間デザインにしてほしいとのこと。新たに契約をする不動産(オフィス)を拝見させていただき、ヒアリングをもとにイメージコンセプトシートを作成。
トンカチ 監視センター オフィスデザイン
お客様のことを思い浮かべながらデザインをする
今回も複数社の中から選んでいたいだいたが、それはなぜか。トンカチのクライアント(お客)様は株式会社スマートエナジー様だが、さらにその先にいる「お客さま(来客者)」が株式会社スマートエナジー様をどのように見て、感じるのか意識をして意匠デザインしている。大胆に応接室を斜めに設けることで、直接、監視モニターを見ることができる一方、社員の動きや視線が交わらないようになっている。デッドスペースは収納スペースとして有効活用ができる。ひとつの空間でオフィス・管理・商談の場として共有することができる作りを提案した。
トンカチ 監視センター オフィスデザイン
トンカチはツールであり、クライアントとともに作り上げる
予算に応じて、プランをいくつか提案し、今回の意匠デザインを採用していただいた。椅子やデスクの購入に関しては、スマートエナジー様が担当。最初のイメージコンセプトを共有していたこともあり、色や形は提案させていただいたものを購入いただけた。完成後の評価は高く、「まさにイメージ通りだ!」とお言葉をいただけた。トンカチが丸っと作るのではなく、一緒に作れたことで愛着を持っていただけたように思う。

writing by emiko ohtsuka
client株式会社スマートエナジー[スマートエナジー]
produce右寺武志株式会社トンカチ
design右寺武志株式会社トンカチ
architect:Design Note[デザインノート]

OTHER ARCHIVE