忘却の曲線|トンカチマーケティング Vol.13

2016.07.05 /

トンカチ マーケティング
トンカチ マーケティング
トンカチ マーケティング
トンカチ マーケティング
トンカチ マーケティング

13回目のトンカチマーケティングはMIC株式会社の田邊さんにお越し頂き、前職の健康食品会社で培われたマーケティングについて「忘却の曲線から考えるリピート率upの方法」と題し、お話頂きました。
忘却の曲線とは?
5分後、1時間、24時間、1週間と時間の経過とともに、人は長期記憶も50%、60%と忘れていきます。その記憶(自社サービス)を如何に忘れないで留めておくか、そこに注目して顧客へのアプローチを考えることが大切だとおっしゃっていました。
ワークショップでは各テーブルでは、架空のビジネスモデルを元に既存顧客に新しい商品を告知・販売していくか議論しました。架空のビジネスモデルは、出汁をメインで販売していた会社が、新規事業として明太子を通販で販売することに。自分が持っている顧客は約1000人、地元がメインです。
各グループ発表では、インパクト重視!ということで、出汁にかけて「サルバドール・ダリ」のキャラクターで告知展開や、料理教室ではなくレシピ試食会など多くのアイディアが出てきました。さらに、出てきたアイディアをどれくらいのスパンで展開していくのか、そこまで考えるグループもあり、みなさん、本気でアイディアからビジネスモデルまで組み立てていました。
私が個人的に、トンカチマーケティングの醍醐味は社外のプレゼンを見れることです。特にグラフィックデザイナーの方のプレゼンは、興味深かったです。内容をまとめた紙をただ貼るだけではなく、徐々にめくりながら、お話をしていく。絵を使って伝える。いろんなプレゼン方法を見れるのも、トンカチマーケティングの魅力だなと思いました。
次回は、7/27(水)です。どうぞ、お楽しみに!

筆記:おーつか
ーーーーーーーーー
トンカチ・マーケティング Vol.13
プレゼン MIC株式会社 代表取締役 田邊賢一
ファシリテーター みんなの人事部 陣内 厚一郎
主催 tonkati Inc×みんなの人事部

OTHER ARCHIVE