知ってる?パン屋さんの世界|トンカチマーケティングvol.10

2016.03.01 /

トンカチ 薬院テラス ワークショップ 集客
トンカチ 薬院テラス ワークショップ 集客
トンカチ 薬院テラス ワークショップ 集客
トンカチ 薬院テラス ワークショップ 集客
トンカチ 薬院テラス ワークショップ 集客
ついに10回目を迎えましたトンカチマーケティング

今回は北天神にあるパン屋さん「antique」の稲吉さんをゲストにお招きしました。実は、稲吉さんはプレイヤーではなく、マーケティングに精通した経営者さんです。4月から新たに博多マルイの1Fに出店することが決まっており、とてもお忙しい中、時間を作って頂きました。

天神エリアが美容室の激戦区というのは有名ですが、実はパン屋さんの数も多く、天神だけで45店舗近くあるそうです。中でも北天神エリアは特に多いそうで、その中でantiqueさんがどのターゲットを狙っているのか、どういった戦略を立てて販売をしているのか詳しく教えて頂きました。

博識な稲吉さんから、私たちが知らない世界をたくさん教えて頂きました。私が1番驚いたのは、パンの年齢別消費頻度。パンってご高齢の方はあまり食べないイメージがありますよね?でも実際は、若者よりご高齢者の方が食べる頻度が高いそうです。その背景には「給食制」があるそうです。戦後、給食制が始まり70〜80年近くまではパンが毎日出ており、パンを食べる習慣がついているから。ゴハンとパンが交互に出るようになったのは、近年だそうです。

さまざまなパンの世界を知った後、稲吉さんから「博多でうけるパンは?」というお題を頂き、各テーブルでワークショップを行いました。とあるテーブルでは、裁いたばかりのお刺身をパンに挟むのはどうだろう?という声や、「博多と言えば、にわかせんべいだ!」ということで、会社訪問の際に持って行けるようなパンは?といろんな発想のパンがあがりました。最後に各グループの発表で最も投票の多かったアイディアが「母が選ぶパン」でした。通常、パン屋さんに行くと自分でパンを選ぶが、博多のパン屋さんでは、母(パンソムリエ)が今日のパンをチョイスして渡してくれるシステムというもの。異業種の人が集まると面白い発想も集まりますね!

発想が欲しい方、こんな世界(業界)を知りたいという要望など募集中です!次回は、創作弁当 辻が花の辻社長をゲストにお迎えする予定です。乞うご期待!

(筆記:おーつか)
ーーーーーーーーー
トンカチ・マーケティング Vol.10
プレゼン AIR・FOODS株式会社 稲吉 勇人氏
ファシリテーター みんなの人事部 陣内 厚一郎
主催 tonkati Inc×みんなの人事部

OTHER ARCHIVE